第20回 認知神経リハビリテーション学会学術集会

プログラム

脳の予測とインテンショナル・アーク
―自己経験の記憶/比較の回復に向けた認知プロセスの脱構築―

印刷用PDF

1日目 2019年10月26日(土) 

9:00-9:40
受付
9:40-9:50
イントロダクション
『新たな冒険の旅をはじめる』
9:50-10:40
学会長講演
『認知プロセスの脱構築ー過去と未来をシミュレーション(予測)する記憶』
講師:園田義顕(高知医療学院)
10:50-12:20
特別講演Ⅰ
タイトル:「霊長類大脳皮質における長期記憶の情報処理メカニズム (仮)」
講師:竹田真己(高知工科大学総合研究所脳コミュニケーション研究センター)
司会:園田義顕
13:10-14:00
クリニカル・ディスカッション(1)(第1会場)
話題提供/症例呈示:後藤晴美(訪問看護ステーションそら)
司会:木村正剛(北海道立子ども総合医療・療育センター)

クリニカル・ディスカッション(2)(第2会場)
話題提供/症例呈示:渡辺典子(国立がん研究センター中央病院)
司会:金森宏(みなみ野病院)

クリニカル・セミナー(1)(第3会場)
『両手の行為の神経科学と情報特性からみた観察と介入』
講師:平谷尚大(高知医療学院)
司会:佐藤正俊(京都民医連中央病院)
14:10-15:00
クリニカル・ディスカッション(3)(第1会場)
話題提供/症例呈示:米谷和音(河北総合病院)
司会:奥埜博之(摂南総合病院)

クリニカル・ディスカッション(4)(第2会場)
話題提供/症例呈示:安田真章(脳梗塞リハビリセンター)
司会:三上恭平(登戸内科・脳神経クリニック)

クリニカル・セミナー(2)(第3会場)
『両足の行為の神経科学と情報特性からみた観察と介入』
講師:濱田裕幸(文京学院大学)
司会:荻野敏(国府病院)
15:10-16:00
クリニカル・ディスカッション(5)(第1会場)
話題提供/症例呈示:川崎翼(了徳寺大学)
司会:信迫悟志(畿央大学ニューロリハビリテーションセンター)

クリニカル・ディスカッション(6)(第2会場)
話題提供/症例呈示:西島勇(沼津リハビリテーション病院)
司会:徳原孝夫(那須脳神経外科病院)

クリニカル・セミナー(3)(第3会場)
『言語行為の神経科学と情報特性からみた観察と介入』
講師:稲川良(水戸メディカルカレッジ)
司会:木川田雅子(東北医科薬科大学病院)
16:10-17:00
クリニカル・ディスカッション(7)(第1会場)
話題提供/症例呈示:後藤圭介(東京女子医科大学東医療センター)
司会:江草典政(島根大学医学部附属病院)

クリニカル・ディスカッション(8)(第2会場)
話題提供/症例呈示:石橋凛太郎(村田病院)
司会:高橋昭彦(子どもの発達・学習を支援するリハビリテーション研究所)

クリニカル・セミナー(4)(第3会場)
『摂食・嚥下行為の神経科学と情報特性からみた観察と介入』
講師:玉木義規(甲南病院)
司会:本田慎一郎((有)青い鳥コミュニティー)
17:15-18:15
特別企画:沖田一彦追悼シンポジウム
  1. 論文/業績解説:
    大島埴生(岡山リハビリテーション病院)
  2. ペルフェッティとの出会いの頃:
    小池美納(日伊通訳)
  3. シンポジウム:『〜思考の循環こそが真の科学的態度である〜』
    シンポジスト:
     安藤努(原病院)
     内田成男(富士リハビリテーション専門学校)
     森岡周(畿央大学)

2日目 2019年10月27日(日)

9:00
受付
9:20-10:20
一般演題発表(口述)
第1会場 座長:村上仁之(姫路獨協大学)
第2会場 座長:河野正志(村田病院)
第3会場 座長:山手千里(東京衛生学園専門学校)
10:30-12:50
一般演題発表(ポスター)(第4会場)
10:30-11:40 奇数番号
11:40-12:50 偶数番号
13:40-14:50
特別講演Ⅱ
『行為のインテンショナル・アーク−臨床空間再考(仮)』
講師:稲垣諭(東洋大学)
司会:池田由美(首都大学東京)
15:00-15:30
会長講演
『21世紀の認知神経リハビリテーションー行為のリアリティとアクチュアリティの回復を目指す』
講師:宮本省三(高知医療学院)

開催会場

首都大学東京荒川キャンパス
〒116-8551
東京都荒川区東尾久7-2-10

事務局

第20回認知神経リハビリテーション学会学術集会事務局
〒781-0270
高知県高知市長浜6012-10
高知医療学院内
一般社団法人認知神経リハビリテーション学会
E-mail:syukai-20@jsncr.jp

pagetop