認知神経リハビリテーション学会

Home > 会長からのメッセージ目次 > メッセージNo.109

Index menu

HOME

認知神経リハビリテーション

学会について

会員へのお知らせ

各種コース

学術集会

アカデミア

クリニカルカンファレンス

セミナー

スペシャルセミナー

機関誌

参考図書・文献リスト

入会のご案内

利益相反・患者プライバシー保護

会長からのメッセージ

リンク

各地の勉強会から

問い合わせ

会員専用図書室

会長からのメッセージ

←No.108へ No.110へ→

メッセージNo.109 恋する塵 −死の彼方の変わることなき愛

カルロ=ペルフェッティ先生が「恋する塵」になった。

 この言葉は、先生の写真集『身体、物語、人生:サントルソ認知神経リハビリテーション・センターの臨床、教育、研究 (Perfetti C, Chiappin S, 2007)』の冒頭に記されている。

 君はニューロンの塊にすぎないのだ (F. Crick)
 しかし現在を生き、過去を記憶し、未来を予測することができる (私たち)
 塵となるだろう、しかし恋する塵に (F. De Quevedo)

 この言葉の意味は『恋する塵:リハビリテーション未来圏,宮本省三、協同医書出版,2014』の最後のエッセイに記している。


 ペルフェッティ先生に、フランシスコ・デ・ケベードの詩を捧ぐ。

『死の彼方の変わることなき愛』

闇が最後に私の目を閉ざし
明るい昼を奪うだろう
私の魂は解き放たれ
満たされぬ熱情も和らぐだろう

だがかつて燃えあがったこちらの岸に
記憶を捨ててはいかないだろう
私の炎は厳しい掟など顧みず
冷たい水を泳ぐことができるのだから

ある神の全てに囚われていた魂
かくも激しい火に体液を送った血管
栄光に輝いて燃えあがった骨髄

肉体を捨てても思いを捨てはしないだろう
灰になっても感覚を持つだろう
塵になるが恋する塵になるだろう


 2020年12月28日、入院中の先生に新しい本(サントルソでの日本人セラピストに対する講義録)の編集についてメールした。29日、奥さんから「主人は自分の研究が広がることに満足している。よい仕事を」と返事がきた。そして、30日、先生は「恋する塵」になって天国へ旅立った。

 その日、親友のローマのヴァレリオから「僕らのすべての行為にはペルフェッティの命が宿っている」とメールが届いた。彼の強い意志に励まされ、思わず泣いてしまった。このパッションを先生の笑顔の写真と共に、日本認知神経リハビリテーション学会の全会員に伝えたい。

Prof. Carlo Perfetti
Prof. Carlo Perfetti(1940-2021)


 2021年になった。僕はまだ発する言葉を見つけていない。ただ、ペルフェッティ先生が「自分の人生と仕事を一篇の詩の言葉に託していた」ことは記しておきたい。いつも、こうして「認知を生きる」ことの意味を教えてくれる人だった。最後のPolvo serán, mas polvo enamoradoは「塵となるだろう、しかし恋する塵に」(小池美納・訳)の方がいい。

 いつか、僕も「恋する塵」になるだろう。
 いつか、あなたも「恋する塵」になるだろう。

 さよなら、ペルフェッティ先生・・・
 La vita è bella・・・

←No.108へ No.110へ→

▲ ページ上部へ

pagetop